ゴールドカードを持つステータスを知っておこう

不動産を担保に借りる

つみきの家

担保ローンの特徴

融資を受ける方法として、不動産担保ローンと呼ばれるものがありますが、その名の通り自宅や土地などを担保にしてお金を借りるものとなります。一般的な消費者金融や銀行と違い、不動産担保ローンでは不動産を担保にするため、高額な融資を受けやすくなります。銀行でも利用限度額が1000万円ほど融資を受けられるところもありますが、不動産担保ローンでは億単位の融資も可能となります。ただ、所有している担保によっても利用限度額は変わってくるため注意しましょう。他にもメリットがあり、長期的にお金を借りやすいという点となります。他の金融業者で高額な融資を受けられたとしても、返済期間が短いと毎月の返済額が大きくなってしまいます。不動産担保ローンでは、最大で30年間借入が可能なところもあります。融資を受けるために重要となる金利ですが、不動産を担保としているため、無担保で融資を受けるよりも低金利で借りることが出来ます。金利を低くしたいという方も不動産担保ローンを検討してみましょう。不動産担保ローンではおまとめローンや事業用の資金として利用できる業者もあるため、そちらが目的で融資を受けたいという方にもおすすめとなります。デメリットとしては、借りたお金を返済できない場合は不動産を失ってしまう可能性があります。返済が滞ってしまうと、不動産を売却して返済をしなければなりませんが、利用者がそれを拒み続けてしまうと、強制的に売却されてしまいます。