ゴールドカードを持つステータスを知っておこう

金融機関によっての違い

レディ

少額を借りるケースでは

至急、お金が必要になったときに頼りになるのが収入証明書が不要のカードローンです。収入証明書とは、カードローンを借りるときに提出を求められる本人確認書類の他に添付することを求められる書類で主に源泉徴収票・確定申告書・給与明細書などのことをいいます。また、会社員か個人事業主かによっても、収入証明書で提出を求められる書類には違いがあります。どの金融機関でも、少額のカードローンは収入証明書までは求めないことが多いです。ある一定の金額を超えた場合や他の金融機関にも借入がある場合は提出を求められることが多いです。消費者金融の多くは、借入限度額50万円未満であり、他の金融機関からの借り入れがなければほぼ収入証明書の提出を求められることはないでしょう。銀行は、新しく制定された総量規制対象外になるため、金額は大きく借入限度額300万円未満だと不要としている銀行も多くあります。銀行は審査に通れば、借入限度額が大きくても収入証明書を不要としている銀行もあるので、探してみましょう。しかし、収入証明書の提出をせずとも借りることができるのは、少額な金額のみと覚えておくといいでしょう。また、収入証明書の提出を求められないとは言っても、審査そのものがいい加減にされることはないです。金融機関は審査はきちんと行い、個々の人によってカードローンの借入限度額を決めています。カードローンを作るときは、収入証明書の提出を求められると取り揃えるだけでも大変ですし、場合によっては他人に知られてしまうこともあるので借りる際には提出を求められない金額を借りるといいでしょう。